開発から発展

1961年 連続式トンネルフリーザー®開発

昭和30年代、ちょうど日本が高度成長期を迎える頃、“冷凍”といえば、まだ需要は水産物関係が殆どで当然作業環境も完全ではなく、冷凍作業は-30℃以下の冷凍庫内で行われるというものでした。当時冷凍関係の業務に従事していた創業社長高橋カタシはこの温度差が人体に与える悪影響を何とか改善する方法はないものかと試行錯誤と研究を重ねた結果1961年日本ではじめて常温域での冷凍作業を可能にする連続式トンネルフリーザー®第1号を開発致しました。日本のトンネルフリーザー®の歴史の幕開けであります。
この画期的な開発により作業の安全性はもとより生産性においても冷凍業務は飛躍的な発展を遂げることになりました。命名については福井県出身の創業社長が当時よく帰省時に通った北陸トンネルから名前をとり、トンネルフリーザー®と命名したそうです。
ちなみにトンネルフリーザー®は弊社の商標登録(商標登録第1769862号)ですが一般で使用されています。
これがトンネルフリーザー®の基本形でありコンベアが貫通している開口から冷気が出てこない画期的な装置であります。

1970年代

1970年代はトンネルフリーザー®納入先がアイスクリーム業界に限られておりました。


1980年代

1980年代に入ると冷凍食品の需要が高まり、また急速凍結・冷却の必要性が認められ販路が広がってまいりました。

1979年

冷凍食品業界、水産業界、製菓 製パン業界、水産練り業界、ハム ソーセージ業界への進出致しました。

1979年ハム ソーセージ業界へ急冷テンパリング装置を開発致しました。クリーンルーム内に設置し衛生度を高める為、内部を蒸気殺菌可能な構造としました。

1988年

畜肉加工品の殺菌冷却機を納入致しました。

1989年

フリーザー内部の構造物をコンベアより下に配置したTVN型トンネルフリーザー®を開発致しました。
機械高さが大幅に低くなりフリーザー内部の構造物を目で見て洗えるように工夫致しました。

1992年

庫内冷風のクリーン度CLASS1000を維持稼動できる連続式無菌冷却機クリーントンネルを開発致しました。

1994年

蒸気殺菌可能なタンク式トンネルフリーザー®を開発、角の無い丸型ボディに内部が見渡せる大型扉を設け洗浄性を飛躍的に向上させました。当時日本国内でO−157が猛威をふるい、菌による症例が次々に報告されていました。
ユーザー様より「偶然にしてはタイムリーなフリーザーをうまく開発したね」とお褒めの言葉を頂戴いたしました。

1999年

多品種小ロット生産のコンパクトフリーザーから大量生産へ対応するためタンク式トンネルフリーザー®Tウイングを開発しました。
CIP自動洗浄、蒸気殺菌のサニタリー機能は継承し左右両側に特徴的な大型ウイング扉をそなえ洗浄性をさらに向上させたトンネルフリーザー®です。


食品生産設備にも省エネ・省スペース化の時代が訪れこれらのニーズに応えスーパージェットトンネルフリーザー®を開発しました。
独自のSJノズルでより早く効率的に凍結、生産性の向上と省スペース化が実現しました。

2002年

バラ凍結専用新型機OKFを開発しました。冷凍野菜、冷凍ピラフなど1粒1粒をバラバラに凍結させる、IQF専用機です。特に当時中国輸入野菜の残留農薬問題で国内生産野菜への注目度が高まり国内生産地での納入が進みました。ホーレン草のバラ凍結では90%の占有率をいただいております。

2010年

クリーンな環境で安心安全なチルド商品生産ラインにタンク式トンネルフリーザー®を多数ご採用いただきました。

2016年

自然冷媒CO2直膨式ユニット「Σ」(シグマ)の誕生。「Σ」 搭載のトンネルフリーザー®1号機を導入いただきました。


SWSJクリーントンネルフリーザー®の開発。従来のクリーントンネルフリーザー®では実現不可能な庫内マイナス温度を目的としました。