HOME > 企業情報 > 採用情報 > 社員インタビュー(サービス)

社員インタビュー(サービス)

Voice of staff 社員が本音で語る、煖エ工業の個性と魅力《サービス》田嶋大輔 施工サービス課主任 2008年入社/西川達也 施工サービス課 2012年入社

入社前の経歴や煖エ工業に入られた動機をおしえてください。

西川
就職活動をしている時に、たまたま煖エ工業の採用担当者から面接に来てみないかとお誘いを受けました。会社を訪ねてみると、職場の雰囲気も良さそうだし、いろいろお話を伺ううちに「トンネルフリーザー®」という設備機器の国内トップシェアを誇るメーカーだということを知り、ここなら自分の力が試せそうだなと感じて入社を決めました。
田嶋
私の場合は中途採用で、以前はリフォーム業務を行う会社で働いていました。煖エ工業に入社しようと思ったのは、冷却技術に特化したユニークな会社であること、そして社員全員が未経験からのスタートという点に魅かれたためです。実際、煖エ工業で仕事をするようになって感じることですが、むしろ機械のことは何も知らないという人間のほうが白紙の状態から学べるので、仕事もスムーズに覚えられるということもありますね。

現在の仕事の内容は?

田嶋
入社してしばらくは工場で機器の組立てをサポートする仕事に就いていて、1年後に設計部で作図を担当。2009年に現在のセクションに配属されました。主な仕事は「トンネルフリーザー®」を施工・納入した後のメンテナンスサービスです。定期的に補修点検に伺ったり、お客様からトラブルなどの緊急サービスコールがあれば直ちに駆けつけないといけません。
西川
私の業務内容も、ほぼ田嶋主任と同様です。サービスコールはいつ掛かってくるか分かりません。お客様から連絡が入ればすぐに現場へ行き対応しないといけないこともあります。いってみれば私たちは、「機械のドクター」のようなもの。ですから、いついかなる時でも携帯電話を手放すわけにはいかないんです。

あなたの仕事の魅力や、やりがいは?

西川
トンネルフリーザー®」というのは食品加工工場の冷蔵冷凍加工の生命線を支える機器システムで、それゆえメンテナンスサービスの役割はきわめて重要だと思っています。実際、お客様が「トンネルフリーザー®」の新規採用を検討される際、メンテナンス体制のレベルと内容で決断されるケースも少なくないと聞いています。その意味で自分たちが煖エ工業の全業務の中でのキーポジションを担っているんだという自負は強くありますし、そうした誇りが大きなモチベーションとなっています。それともうひとつ、メンテナンスに伺って何十年も現役で動いているフリーザーを目の前にすると、「かっこいいなぁ」とか「よく頑張ってるなぁ」と感動に似た思いを抱いてしまいます。私の年齢よりも長く活躍しているフリーザーもあるわけですから。それも先輩たちが丁寧にメンテナンスをし続けてきた成果だと思うのです。
田嶋
やはり「困っている」というお客様を、自分の力で何とかして差し上げられるというのが、仕事を続けていく上での最大の原動力だと感じます。困っている友達がいたら放っておくわけにはいきません。もちろんビジネス上のパートナーであるお客様とプライベートの友人を同等に扱うわけにはいかないんですが、でも現場に駆けつけてトラブルに対処する、そういうことを何度か重ねるうちに、自然と信頼関係が深まり、単に顧客と修理担当者という関係を超えた、ゆるぎない絆のようなものが育まれてゆくんです。それは本当に嬉しいことで、この仕事の醍醐味のひとつでもありますね。

忘れられない仕事上でのエピソードはありますか。

西川
「納入して2ヵ月のフリーザーの室外機の調子が悪いという連絡を受けて現場に足を運び、室外機の運転状況データを採ったことがありました。たったひとりで室外機の前に座り、黙々とデータ収集に努めました。室外機の音というのはものすごく大きいので仮眠を取ることも叶わず、お客様に対して「ちゃんと監視してチェックしていますよ」という煖エ工業の誠意ある対応姿勢をアピールするためにも、データを採り続けたんです。最終的には原因が分からず、室外機を交換する結果となったんですが、我ながらよく頑張ったと思いますし、そのお客様からは継続的に仕事を頂いています。この仕事は、ときには体を張って頑張ることも必要で、そうすることで得られる信頼関係は本当に得難いと思いますね。
田嶋
そこまでの経験はありませんが、私にも強く記憶に残っていることはありますね。高松のお客様だったのですが、コンベアにネットがうまく掛からずに空回りして、商品が搬送できないという連絡がありました。現場でチェックして霜が原因であることは分かったんですが、霜を取るにはどうすればいいか、これという解答が見つからない。昼間は四国の他の現場を回って、生産ラインが停止した夜に再び現場に立ち戻って機器をチェックするという作業を数日間繰り返しました。そしてようやく霜取り対策用の部品を新たに設置すればいいことに思い至ったんです。で、部品の図面を現場で描いて製作所に依頼し、また数日後に設置して、何とか正常な運転に戻すことができました。コンベアがきちんと動いた時の感動は忘れがたいですね。

煖エ工業はどんな会社ですか?

田嶋
いちばんの魅力は、和気あいあいとした社風ではないでしょうか。中途採用で入社した私でも、そんなに戸惑うことなく、スムーズに職場の雰囲気に馴染むことができました。新卒で入った社員もいれば、まったく違う職歴を経て入社した社員もいて、みんなが同じスタートラインから成長してゆける。ほんとにオープンで居心地の良い会社だと思います。
西川
和気あいあい、というのは私も感じます。でも単に仲良し集団ではないんですよね。みんな遠慮なく意見をぶつけ合いますし、ひとり一人が目標に向かって切磋琢磨している、そんな面も持ち合わせている会社だと感じています。互いのやる気が伝わってくるから、それが刺激となり、おのずと頑張ろうという意欲が湧いてくるのではないでしょうか。

入社を考えておられる方にアドバイスやメッセージを。

田嶋
煖エ工業は食品加工の冷却冷凍という、まさにオンリーワンの領域で成長を遂げているユニークな会社です。「自分たちは社会と食文化に貢献しているんだ」と胸を張って仕事ができる会社、そして自分の可能性を大きく広げてゆける会社であることは私が保証します。
西川
私自身がそうであったように、煖エ工業という会社は専門的な知識も経験も求めていません。やる気さえあれば大丈夫。私たちとともに、この発展途上の会社をもっともっと成長させてゆきましょう。