HOME > 私たちの取り組み > グループシナジー > トータル監視システム

トータル監視システム

施設の冷蔵冷凍/空調/照明設備全体のエネルギーを常時最適化 トータルエネルギーマネジメントシステム F'eye

福島工業のF’s eyeを導入することで、トレーサビリティ管理が容易になります。

トンネルフリーザー®庫内温度・通過時間の記録・監視/運転状態、異常履歴の記録・監視

蓄積された運転データを分析し設備の特徴が把握できることにより、予防保全や設備運用の見直しにご活用いただけます。

F’s eyeの4つの特徴

  • ① 省エネ節電制御
  • ② パソコンで一元管理
  • ③ 温度管理
  • ④ 遠隔管理

1 省エネ節電制御

[グラフ]ピークデマンド削減(契約電力10%DOWN)/電力使用量削減(消費電力10%省エネ)
1. 省エネ運転
無駄な冷やしすぎ運転を防止し、冷凍機の負荷を下げ、省エネ運転を行います。
2. 霜取最適制御
最適デフロスト制御を行い冷凍機負荷分散で電力ピークを防止。
3. セットバック制御
運転時間帯・保管温度帯・冷非切り替えをスケジュール機能で制御し、省エネを実現。
4. デマンド制御
電力量・温度を監視し、品質に影響のない範囲でデマンドピークカット運転を行います。

2 パソコンで一元管理

温度グラフ/エネルギー消費グラフ/警報履歴/レイアウト図

3 温度管理

温度記録の一元管理が可能に/帳票を自動的に作成/異常発生をリアルタイムに把握

4 遠隔管理

[図]遠隔管理